UCF21セルシオ 前期型C仕様 LUXY

UCF21セルシオ 前期型C仕様 LUXY
このエントリーをはてなブックマークに追加

WERKS DATA

タイトル
UCF21セルシオ 前期型C仕様 LUXY
製作
制作期間
10ヶ月
詳細
部品取りのボロボロキットをベースに、僕自身作例を見たことのないF21前期を製作してみました。ノーマルシャシー仕様もありますが、まずはラグジー仕様でお披露目します。

・A社LUXYシリーズがベース。
・ボンネットを一旦切り離し、フェンダー高を下げて再接着。サイドマーカーランプ~ドアからのフェンダーラインが非常に複雑で、見る角度によって全く違って見えるため、実写やカタログ写真を何度も見返しながら整形しました。この部分だけで裕に数ヶ月かかりました。
・後期ノーマルバンパーを芯にして、プラ板とパテで前期バンパーを整形。後期よりカクカクしていてとんがり具合が大きく、造形も細かいので製作順番をよく考えて進めました。
・ライトのインナーハウジングはプラ板箱組みのあと、エポパテ等で反射板らしく整形。でもすり合わせがいい加減なので隙間が出来てしまいました。メタルテープで誤魔化しています(笑)
・ライトは同世代の貴重な某車キットのレンズを整形・流用。サイドマーカーランプは、元々のF21後期用ヘッドランプレンズ(ジャンク品)から削り出しました。バンパーのウィンカーレンズは透明ランナーを曲げて削り出してます。
・グリルは後期と比べ、上下方向に狭く左右に幅広いので、切断や延長加工を行っています。メッキ部分の表現はメタルックです。
・フロントガラス上部にグリーンシェイドを入れましたが、少々幅が広すぎたようです。
・ウォッシャー吹出口は伸ばしランナー使用で整形後、ボディにあけた穴に半分挿した状態で塗装を行いました。こうするとノズルがボディ同色の場合も色の差異が出ずに塗装できます。
・ウィンドゥモールのメッキはH社のミラーフィニッシュを使用し、隙間にはエナメルのセミグロスブラックを流し込んでラバーとのコンビネーションを表現してみましたがm、フィニッシュの切り口が雑で汚くなってしまいました。

ノーマルバージョンも後日公開します。
タグ
アオシマセルシオレクサス前期UCF21ラグLUXY

走り屋おやじさんのその他のプラモデル

コメントを投稿(コメントは走り屋おやじさんの承認後に公開されます)

名前
URL
コメント※必須

Facebookコメント

スポンサーリンク