ニッサン ローレル 25メダリストV '93(C34)

ニッサン ローレル 25メダリストV '93(C34)
このエントリーをはてなブックマークに追加

WERKS DATA

タイトル
ニッサン ローレル 25メダリストV '93(C34)
製作
制作期間
一ヶ月
詳細
【実車解説】
1993年1月25日、日産の上級パーソナルサルーン、ローレルが7代目にフルモデルチェンジした。開発コンセプトは、「ゆとりと上質さを追求した正統派サルーン」で、取り回し・居住性重視の3ナンバーサイズの4ドア・ピラードハードトップへと新しく生まれ変わった。
スタイリングは、「室内からの発想」を基本にデザインされ、旧型よりもホイールベースが50mm、全長が20mm、全幅が25mm、そして全高は15mm高くなった。また、フロントのオーバーハングを25mm短くして取り回しを良くしたり、リアピラーの根元を細めとすることで斜め後方の視界を良くするなど、実用性重視のスタイリングとなった。
タグ
カーモデルアオシマ1/24ニッサンローレルプラモ

SS.DRIVERさんのその他のプラモデル

コメントを投稿(コメントはSS.DRIVERさんの承認後に公開されます)

名前
URL
コメント※必須

Facebookコメント

スポンサーリンク