ニッサン スカイライン GT-R NISMO Zチューン(R34)

ニッサン スカイライン GT-R NISMO Zチューン(R34)
このエントリーをはてなブックマークに追加

WERKS DATA

タイトル
ニッサン スカイライン GT-R NISMO Zチューン(R34)
製作
制作期間
2週間
詳細
当時、人気を集めていたグループAレースを制するベースマシンとして開発。280馬力を絞り出す2..6ℓ直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、その強大なパワーを使い切るために4WDを採用して1989年に登場したのがニッサン・スカイラインGT-Rである。R32型と呼ばれるこのGT-Rは、95年にR33型、99年にはR34型と進化を続けて、2000年10月、R34型はリヤブレーキを大型化するなど走行性能を高めたマイナーチェンジを実施。そのとき加わったグレードがこのVスペックⅡである。それまでのアルミ製に変えて、NACAダクト付のカーボン製ボンネットを装備しているが最大の特徴。裏表ともに表面が滑らかに仕上がるRTMと呼ばれる最新の工法を採用し、ボディと同色に塗装されてもカーボン素材を際立たせる仕上がりとなっている。それまでのVスペックと同様に前後のディフューザーや18インチタイヤ、ブレンボ製キャリパーを採用したディスクブレーキ、ゲトラグ社製6速ミッションなど充実装備をそのまま引き継いでいる。
タグ
アオシマGT-Rニッサンスカイライン1/24カープラモ

SS.DRIVERさんのその他のプラモデル

コメントを投稿(コメントはSS.DRIVERさんの承認後に公開されます)

名前
URL
コメント※必須

Facebookコメント

スポンサーリンク