ニッサン スカイライン GT-R Vスペック (R33)

ニッサン スカイライン GT-R Vスペック (R33)
このエントリーをはてなブックマークに追加

WERKS DATA

タイトル
ニッサン スカイライン GT-R Vスペック (R33)
製作
制作期間
2週間
詳細
9代目となったスカイライン・シリーズの発表から1年5ヶ月後、ファン待望のスカイラインGT-R(R33型)が1995年1月にデビューを果たした。スタイルは 2ドアクーペを基本としながら、大きく張り出した前後のフェンダー、フロントバンパーに開けられた巨大なエアインテーク、手動4段可変式の逆台形フォルムのリヤスポイラーなどにより迫力あふれる仕上がりとなっている。走りの装備は先代(R32型)モデルを引き継ぎながらより熟成。2.6ℓ直6ツインターボエンジンは280馬力という最高出力の数字こそ変わらないものの、ターボ加給圧のアップにより最大トルクが高められている。ブレーキは世界のレースシーンで採用されている高性能なブレンボを採用している。4輪マルチリンクサスペションや電子制御4WDシステムも改良が施され、走行性能を高めている。 GT-Rの中でもさらなる走りを追求したのがVスペック。ATTESA E-TS PROを採用して、前後輪へ最適なトルク配分に加え、後輪左右のトルク配分をも電子制御することにより、完璧な 4輪制御を実現。世界でもトップレベルの運動性のを発揮する。
タグ
カープラモタミヤGT-Rスカイラインニッサン1/24

SS.DRIVERさんのその他のプラモデル

コメントを投稿(コメントはSS.DRIVERさんの承認後に公開されます)

名前
URL
コメント※必須

Facebookコメント

スポンサーリンク